最新のスワップ金利に注目してFX会社を徹底比較しています。 
やさしいFXのはじめ方
〜 基礎からわかる外貨投資 〜
サイトマップ FX会社 FXの基本 FXの応用 投資日記 FX用語集
 FX会社の最新スワップ金利徹底比較
トップ取引会社の選び方FX会社徹底比較 > 最新スワップ徹底比較

FX会社の最新スワップ金利徹底比較

                                 ページ最終更新日:2020年10月2日

比較表の数字は“1万通貨”を持っていたときにもらえる“1日分”の買いスワップ金利です。最新のデータは、各FX会社でお確かめ下さい。

会社名 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 スイス/円 ランド/円
DMM FX 7 -8 7 0 5 -16 6
外為ジャパン
7 -8 7 0 5 -16 6
外為オンライン 5 -35 0 5 0 -60 50
(※10万通貨)
20,000円プレゼント
FXブロードネット
4 -35 1 1 1 -28 40
(※10万通貨)
会社名 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 スイス/円 ランド/円
キャッシュバック
FXプライム
3 -17 0 0 0 -19 7
Amazonギフト券
プレゼント
マネー
パートナーズ
1 -33 2 1 1 -29 1
27,000円プレゼント
YJFX!
8 -20 2 0 0 -21 6
キャンペーン実施中
ヒロセ通商
(LIONFX)
0.2 -6 0.1 0.5 0.7 -4 0.6
ひまわりFX 5 -35 0 5 0 -60 5
楽天FX 4 -32 2 0 0 -33 2
 

 ポジションを持っている(通貨を交換している)あいだ、“日をまたぐごと”にもらえるスワップ金利は長期派の方がFXをする上で最も大切なポイントと言えます。


 まずはじめに知っておいてほしいことは、もらえる「スワップ金利はFX会社によって”違う”」ということです。上のFX会社最新スワップ金利比較表を見ても分かるように、【ドル/円】ひとつにしてもスワップ金利の一番高いところと一番低いところでは、大きな差があります。


 表に書かれている数値は“1日分(1万通貨)”のスワップ金利です。この数値だけを見ると、それほど差がないような気もしますが、これが100日経てば“100倍”、1000日経てば“1000倍”の差になってしまいます…。いかがでしょう?まさに天と地ほどの差になりますよね(2008年12月に至っては、【ドル/円】で“マイナス(支払い)”のスワップ金利が発生している所すらあります、汗”) ですので、長期派のみなさんはここでしっかりスワップ金利が高いFX会社を選んでから取り引きを始めてくださいね。



 私が“おすすめ”しているのはDMM FXです。 スワップ金利の高さが業界最高水準の上、なんとスプレッドも業界最安水準とい う“奇跡的”な取引環境が整っています。よって、長期トレードを主にしている 方でも「ここぞ!」というときは、いつでも短期トレードをしていただくことが できます。


 DMM FXのスワップ金利がどれだけ高いのかを確認していただくために、上 にFX会社最新スワップ金利比較表を用意しましたので、じっくり確認してくださ い。改めて申し上げますが、紹介しているFX会社はすべて“人気”のFX会社です 。スワップ金利もそこそこ高いところが多いことはお忘れなくお願いします(汗 ”)




  【FX会社を状況別に徹底比較】
スプレッドで比較する
スワップ金利で比較する
初心者&少額投資向けで比較する
口座開設キャンペーン(FX&証券)で比較する
FX会社を個別で比較する
レバレッジで比較する
取り引きできる通貨で比較する
デイトレード取引システムで比較する
くりっく365で比較する

初めての方へ | サイトマップ | 取扱会社 | FXの基本 | FXの応用 | FX用語集 |
 すべてのコンテンツの画像・文章・デザイン等の無断転載を禁止させていただきます。尚、いかなる不利益が生じた際にも一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身で行ってください。
Copyright - © Hiccky 2006. All Rights Reserved<特定商取引法に基づく表記