外国為替取引の基本をわかりやすく解説します。
やさしいFXのはじめ方  【カブドットコム証券の口座開設キャンペーン】
 期間限定タイアップ企画 キャンペーン期間中に口座開設+投資信託を10万円以上買うと2,000円がもらえるキャンペーンを実施中です。(4月30日まで)
〜 基礎からわかる外貨投資 〜
サイトマップ FX会社 FXの基本 FXの応用 投資日記 FX用語集
 初めてお越しの方へ    
トップFXの基本 > 外国為替のしくみを知る

外国為替のしくみを知る



<外国為替のしくみを知る>

 まずはじめに、『外国為替(外為)がなぜ存在するのか?』という点から、かんたんにご説明します。例をあげて考えてみましょう。例えば、すべての国が同じお金を使っていればどうでしょうか?この時は、外国為替は必要ありません。それは、1つの通貨ですべての取引ができるからです。

 

 しかし、みなさんご存知のとおり、現実にはたくさんの国があり、たくさんの通貨があります。例えば、日本国内ではが使われていますが、アメリカに行けば米ドルが必要です。ヨーロッパ諸国ではユーロがメインになって流通しています。

 

 ここで必要になってくるのが、外国為替です。これは、海外旅行で国外に出ると、よく実感できると思います。日本から国外に出るときに、旅行先の通貨に日本円を両替をしなくてはなりません。両替する時に外国為替は利用されます。 

 

 次に考えることは、外国為替相場が毎日変動していると言う点です(例:1ドル110円→111円)。これはどういうことでしょうか?地域ごとにさまざまな通貨が使われていて、それぞれに通貨の力が違います。基本的には国力が強い通貨ほど世界では評価され、通貨の力が強くなる傾向があります。この差を調節するために、日々変化する外国為替市場が存在しています。

 

 これまでの歴史をたどってみると、昔の日本は、1ドル=360円の“固定相場制”でした。しかしお金の価値と国力が実態と伴っていないことが指摘され、“変動相場制”へと移行しました。変動相場制になった今は、1ドル=107円(2008年1月現在)と、大幅に円高に傾いています。この理由は、日本が高度経済成長で国力が上がったからだと考えられます。言い方を換えれば、円がドルに対して強くなった(円の相対的な価値が上がった)と言えます。

 

 ☆外国為替相場は通貨の力の差を調整するために生まれました。

                          外国為替市場を知るへ進む→

                                           

 FXの基本
 ・外国為替のしくみを知る
 ◆外国為替のしくみを知る
 ◆外国為替市場を知る
 ◆為替レートを知る
 ◆通貨と経済の関係を知る
 ◆通貨と金利の関係を知る
 ・外貨投資への心構え
 ・外貨商品を知る
 ・外貨預金を学ぶ
 ・外貨MMFを学ぶ
 ・FXを学ぶ
 ・外国債券を学ぶ
 ・外貨を実際に買ってみる
 ・外貨を実際に売ってみる
 ・外貨投資にかかる税金
 FXの応用
 取引会社の選び方
 FX用語集
 たまご投資日記
 その他

初めての方へ | サイトマップ | 取引会社 | FXの基本 | FXの応用 | FX用語集 
 すべてのコンテンツの画像・文章・デザイン等の無断転載を禁止させていただきます。尚、いかなる不利益が生じた際にも一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身で行ってください。
Copyright - © Hiccky 2006. All Rights Reserved