外国債券の損益についてわかりやすくご説明しています
やさしいFXのはじめ方  【外国債券を購入するなら取り扱い通貨数NO.1SBI証券
 定番の米ドル建て国債、ユーロ建て国債をはじめ、
 高金利で人気の南アフリカランド建て国債、トルコリラ建て国債
 オーストラリアドル建て国債、ニュージーランドドル建て国債も扱ってます♪
〜 基礎からわかる外貨投資 〜
サイトマップ FX会社 FXの基本 FXの応用 投資日記 FX用語集
 初めてお越しの方へ    
トップFXの基本 > 外国債券を学ぶ

外国債券の損益

 
 

<満期前の外国債券の売り値は金利によって変動します>

 みなさんは、いくら国債と言う安全性の高い商品とは言っても、満期まで持たなければ売り値が買い値(元本)を大きく下回ってしまうことがあるって知ってましたか? どうやらこのことを知らなかったがために思わぬところで損をしてしまう方が多いようです。これ以上の被害者を出さないためにも、今回はこの部分について詳しく説明します。 

 

 実は「国債は、元本がほぼ保障されている商品」と言っても、それはあくまで満期まで持ったときに限るんです。途中で売る場合は買ったときの金額ではなく、そのときの市場での評価額で売ることになるんです(満期まで持てばはじめに買ったときの金額で出し手に買い取ってもらえます)。

 


 


 

 国債の市場での評価額はそのときの金利(国債を出した国の)によって変わります。基本的に、そのときの金利が買ったときの金利より高ければ、評価額は買ったときの金額より低くなります。逆に、そのときの金利が買ったときの金利より低ければ、評価額は買ったときの金額より高くなります。

 

 どうしてそうなるかと言いますと、金利が高くなれば、それだけそのとき売られている国債の金利収入が大きくなっていますので、そこに今さら金利の低い債券を普通に売りに出したとしても誰も買ってくれませんよね…(汗”)。金利が上がってしまった場合に、金利の低い国債を買ってもらうには、その分値段を下げて売りに出さなければならないのです。結果的にその値下げ分が損になるというわけです。

 

 逆に、買ったときより金利が低くなればそれだけそのとき売られている国債の金利収入は小さくなっています。もしそこに金利の高い債券を普通に売りに出したとしたらみんな喜んで買いますよね。 もちろんそれで損をすることはないのですが、その分値段を上げて売りに出せば得することができるというわけです。

 

金利が上がってから途中で売る → する (キャピタルロス)
金利が下がってから途中で売る → する (キャピタルゲイン)

※ただし、これはあくまで外国債券自体の価値であって、外国債券を売るときには他にも売却手数料為替手数料為替差損益が発生しますので、これらのことも考えた上で売るかどうかを判断してください。

 

■まとめ (外国債券で発生する損益)

 <満期まで持った場合>
 
為替差損益 + 一定の金利収入
 
 <満期前に売った場合>
 
為替差損益 + それまでの金利収入+ キャピタルゲイン・ロス

 
 

 ☆外国債券への投資は満期まで持つことが基本となります!

 

外国債券と日本国債券の金利へ戻る   外国債券シュミレーションへ進む→

                                            


 FXの基本
 ・外国為替のしくみを知る
 ・外貨投資への心構え
 ・外貨商品を知る
 ・外貨預金を学ぶ
 ・外貨MMFを学ぶ
 ・FXを学ぶ
 ・外国債券を学ぶ
 ◆外国債券とは
 ◆外国債券の特徴
 ◆外国国債との金利比較
 ◆外国と日本国債の金利
 ◆外国債券の損益
 ◆外国債券シュミレーション
 ・外貨を実際に買ってみる
 ・外貨を実際に売ってみる
 ・外貨投資にかかる税金
 FXの応用
 取引会社の選び方
 FX用語集
 たまご投資日記
 その他

初めての方へ | サイトマップ | 取引会社 | FXの基本 | FXの応用 | FX用語集 
 すべてのコンテンツの画像・文章・デザイン等の無断転載を禁止させていただきます。尚、いかなる不利益が生じた際にも一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身で行ってください。
Copyright - © Hiccky 2006. All Rights Reserved