外国債券についてわかりやすくご説明します。
やさしいFXのはじめ方  【外国債券を購入するならエイチ・エス証券
 購入時の為替スプレッド(手数料)は取引額が大きいほどお得に!
 ロシアルーブルのスプレッドは0.05銭と業界最小水準。
 ドル建て・ユーロ建てはもちろん、高い利率のブラジル・レアル建て国債、
 トルコリラ建て国債などを取り扱っています。
〜 基礎からわかる外貨投資 〜
サイトマップ FX会社 FXの基本 FXの応用 投資日記 FX用語集
 初めてお越しの方へ    
トップFXの基本 > 外国債券を学ぶ

外国債券とは

 
☆外貨建て商品と外国債券の金利比較表→外貨商品を徹底比較
こちらのページと合わせてご覧になって下さい!!

<人気の外国債券とは>

 外国債券とは、外国が出している債券のことを言います。外債(がいさい)と省略されて呼ばれることもあります。


トルコの国債画像
(↑外国債券の例です。これはトルコの国債ですね。なんと利率15.9%!)

 

 債券とは『発行した会社や国が倒産しない限り、満期まで持てば“元本”と“金利”が保証されている金融商品』のことです。日本で債券といえば“個人向け国債”が有名で、みなさんも一度くらいは耳にしたことがあるかもしれません。
 これが、外国債券の場合には日本の債券と違って、為替リスクが関わってくる点が大きく違います。この点に十分気をつけてください(詳しくは後ほど説明します)。 

 

 また、債券には国が出している国債と会社が出している社債などがあります。一般的に、会社は国に比べると倒産してしまう可能性が高いので、社債はその分国債よりも金利が高くなっています。ですが、社債はなかなか一般の方が買うことはできません。それに、日本の会社ならまだしも外国の会社のことは正直わかりにくいので、この際“外国の社債”については無視していいと思います。 

 

 …ということで、ここでは外国の国債のみに注目していきます。日本で外国債券を購入できる国は、アメリカ、ユーロ、南アフリカ、ブラジル、トルコ、ロシア(楽天証券)などがあり、2年から10年くらいの長期の債券が中心となっています。 

 

 それでは、次に『外国債券の特徴』について見ていきます。ここから、ちょっと深い内容に入りますね。

 

FXバーチャル取引へ戻る              外国債券の特徴へ進む→

                                            


 FXの基本
 ・外国為替のしくみを知る
 ・外貨投資への心構え
 ・外貨商品を知る
 ・外貨預金を学ぶ
 ・外貨MMFを学ぶ
 ・FXを学ぶ
 ・外国債券を学ぶ
 ◆外国債券とは
 ◆外国債券の特徴
 ◆外国国債との金利比較
 ◆外国と日本国債の金利
 ◆外国債券の損益
 ◆外国債券シュミレーション
 ・外貨を実際に買ってみる
 ・外貨を実際に売ってみる
 ・外貨投資にかかる税金
 FXの応用
 取引会社の選び方
 FX用語集
 たまご投資日記
 その他

初めての方へ | サイトマップ | 取引会社 | FXの基本 | FXの応用 | FX用語集 
 すべてのコンテンツの画像・文章・デザイン等の無断転載を禁止させていただきます。尚、いかなる不利益が生じた際にも一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身で行ってください。
Copyright - © Hiccky 2006. All Rights Reserved