外国債券の特徴についてわかりやすくご説明しています
やさしいFXのはじめ方  【外国債券を購入するなら取り扱い通貨数NO.1SBI証券
 定番の米ドル建て国債、ユーロ建て国債をはじめ、
 高金利で人気の南アフリカランド建て国債、トルコリラ建て国債
 オーストラリアドル建て国債、ニュージーランドドル建て国債も扱ってます♪
〜 基礎からわかる外貨投資 〜
サイトマップ FX会社 FXの基本 FXの応用 投資日記 FX用語集
 初めてお越しの方へ    
トップFXの基本 > 外国債券を学ぶ

外国債券の特徴

 
 

<わかっているようで、わかっていなかった外国債券>

 これからご紹介する外国債券は、外貨商品の中では以下の図のようなポジションを取ります。

 

外貨商品の図


 外国債券は外貨MMF外貨預金に比べて金利が高めになっています。ですので、期待できるリターンもその分大きくなっています。ですが、いつでもお金に戻せる(流動性)という面では外貨MMFや外貨預金に比べやや劣ります(買ってから数日間は売却できません)。

 

 また、債券を満期前に売ろうとした場合、そのときの金利によって債券の売り値が買ったときの値段を大きく下回ってしまう可能性があります(逆に買ったときの値段を大きく上回ることもあります)。これらの点を考えると外国債券のリスクは外貨MMFや外貨預金に比べて高いと言えます。

 

 う〜ん…いきなりそんなにたくさんのことを言われてもって感じですよね…すみません、ちょっと急ぎすぎましたね。とりあえず、さぁーっと流しただけですのでご安心ください(笑)。では、これからゆっくり順を追って外国債券の特徴を説明していきます。 

 

 外国債券の特徴を改めて見ていきます。

 ・外貨MMFや外貨預金に比べて金利が高い
 ・日本国債よりも金利が高いものが多い
 ・為替差損益が発生する
 ・満期まで持つとほぼ確実に一定の金利収入がもらえる
 ・満期に売る場合、売り値は市場の評価額になる

 

 何と言っても外国債券の最大の特徴は「満期を迎える前に売る場合、売り値は買ったときの金額ではなく、そのときの市場の評価額になる」ということにあります。ここさえ理解しておけば、有効な資産運用の手段のひとつとして外国債券を取り入れられるかと思います。ですが、現状を見ていると、「金利が高いから」という理由だけで外国債券をポンっと買ってしまわれる方が多いようで、少し心配です…(汗”)。

 

 とりあえず、まずは「外国の債券(国債)の金利が外国の預金やMMFの金利に比べて高い理由」と「日本国債よりも外国債券の方が金利が高いものが多い理由」をかんたんに説明しますね。

 

外国債券とはへ戻る       外国の国債・MMF・預金の金利へ進む→

                                           


 FXの基本
 ・外国為替のしくみを知る
 ・外貨投資への心構え
 ・外貨商品を知る
 ・外貨預金を学ぶ
 ・外貨MMFを学ぶ
 ・FXを学ぶ
 ・外国債券を学ぶ
 ◆外国債券とは
 ◆外国債券の特徴
 ◆外国国債との金利比較
 ◆外国と日本国債の金利
 ◆外国債券の損益
 ◆外国債券シュミレーション
 ・外貨を実際に買ってみる
 ・外貨を実際に売ってみる
 ・外貨投資にかかる税金
 FXの応用
 取引会社の選び方
 FX用語集
 たまご投資日記
 その他

初めての方へ | サイトマップ | 取引会社 | FXの基本 | FXの応用 | FX用語集 
 すべてのコンテンツの画像・文章・デザイン等の無断転載を禁止させていただきます。尚、いかなる不利益が生じた際にも一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身で行ってください。
Copyright - © Hiccky 2006. All Rights Reserved