外貨預金のデメリット、『TTSとTTB』についてご説明します。
やさしいFXのはじめ方  ■TTS…Telegraphic Transfer Selling (銀行がお客に外貨を売る為替レート)
 ■TTB…Telegraphic Transfer
Buying (銀行がお客から外貨を買う為替レート)
 ■TTM…Telegraphic Transfer
Middle late (TTSとTTBの平均値)
〜 基礎からわかる外貨投資 〜
サイトマップ FX会社 FXの基本 FXの応用 投資日記 FX用語集
 初めてお越しの方へ    
トップFXの基本 > 外貨預金を学ぶ

外貨預金のデメリット−TTS TTB

 
 

<銀行側の儲けにつながる TTSとTTB>

 ここでは外貨預金のデメリットについて解説しています。

 外貨取引を行う際の往復の為替レートにTTSTTBがあります。みなさんもニュースで、「現在の為替レートは1ドル=101円32銭…」と言っているのを聞いたことがあると思います。これをTTM(中値、仲値)といい、為替手数料が含まれる前のレートになっています。

 

 中値に為替手数料を加えた数値をTTS(電信売相場)、TTB(電信買相場)と呼びます。TTSは日本円を外貨に換える場合、つまり外貨預金に預け入れをする場合のレートです。例えば、中値が1ドル=100円で、為替手数料が1円のとき、TTS=101円になります。

 

 逆に、外貨を日本円に換えるときに使われるのがTTBです。中値が1ドル=100円で為替手数料が1円なら、TTB=99円になります。為替手数料は往復で2円になりますね。

 

 外貨預金は、直接TTSとTTBを使って取引をするので、手数料が見えづらいです。しかし、TTS、TTBにしっかりと為替手数料が含まれていることに注意しましょう。


   ☆為替手数料の大きさには十分気をつけてください!

 

為替手数料へ戻る                 外貨預金のポイントへ進む→

                                             

 FXの基本
 ・外国為替のしくみを知る
 ・外貨投資への心構え
 ・外貨商品を知る
 ・外貨預金を学ぶ
 外貨預金とは
 外貨預金のメリット
 −高金利
 −為替差益
 −インフレリスクの回避
 外国為替のデメリット
 −為替差損
 −為替手数料
 −TTSとTTB
 外貨預金のポイント
 外貨定期預金とは
 −外貨定期預金とは
 −満期と中途解約
 −為替予約
 外貨預金のはじめ方
 ・外貨MMFを学ぶ
 ・FXを学ぶ
 ・外国債券を学ぶ
 ・外貨を実際に買ってみる
 ・外貨を実際に売ってみる
 ・外貨投資にかかる税金
 FXの応用
 取引会社の選び方
 FX用語集
 たまご投資日記
 その他

初めての方へ | サイトマップ | 取引会社 | FXの基本 | FXの応用 | FX用語集 
 すべてのコンテンツの画像・文章・デザイン等の無断転載を禁止させていただきます。尚、いかなる不利益が生じた際にも一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身で行ってください。
Copyright - © Hiccky 2006. All Rights Reserved