外貨預金のデメリット、『為替差損(かわせさそん)』についてご説明します。
やさしいFXのはじめ方
〜 基礎からわかる外貨投資 〜
サイトマップ FX会社 FXの基本 FXの応用 投資日記 FX用語集
 初めてお越しの方へ    
トップFXの基本 > 外貨預金を学ぶ

外貨預金のデメリット−為替差損

 
 

<金利分以上に円高に為替が動いたら損をすることに…>

 ここでは外貨預金のデメリットについて詳しく説明します。

 まず一つ目のデメリットとして、為替の動きによる損として、為替差損があります。これは、さっき説明した為替差益とは逆のケースで、円高になったときに損をします。

 

 これも耳にすることが少ない言葉ですので、詳しく説明しますね。これは『円の価値が低いときに外貨を買ってしまい、その後、円の価値が高くなったときに円に戻すと生まれる損のこと』です。

 

 …言葉で説明してもわかりづらいので具体例で説明します。1ドルが115円 → 116円 → 117円 …と、円安(円の価値が下がっている状態)になっているときに、「これ以上円安になる前に、外貨を買っておこう!」と、1ドル=120円でドルを買ったとします。

 

 しかし、この後に円高(円の価値が高くなっている状態)になってしまい、115円 → 114円 → 113円 …となっているときに、「これ以上円高になる前に、外貨を円に戻そう!」と、1ドル=110円でドルを円に戻します。そうすると、1ドル=120円から1ドル=110円となってしまい、10円分の損をしてしまいます。
 もし、ドルの外貨預金を120万円分買っていたとすると、10万円損したことになってしまいます。このように、為替の変動によって損を出してしまうことを、為替差損といいます。

 

 ☆外貨投資をする時には、為替の動きによって資産が変化します

 

インフレリスクの回避へ戻る  外貨預金のデメリット−為替手数料へ進む→

                                             

 FXの基本
 ・外国為替のしくみを知る
 ・外貨投資への心構え
 ・外貨商品を知る
 ・外貨預金を学ぶ
 外貨預金とは
 外貨預金のメリット
 −高金利
 −為替差益
 −インフレリスクの回避
 外国為替のデメリット
 −為替差損
 −為替手数料
 −TTSとTTB
 外貨預金のポイント
 外貨定期預金とは
 −外貨定期預金とは
 −満期と中途解約
 −為替予約
 外貨預金のはじめ方
 ・外貨MMFを学ぶ
 ・FXを学ぶ
 ・外国債券を学ぶ
 ・外貨を実際に買ってみる
 ・外貨を実際に売ってみる
 ・外貨投資にかかる税金
 FXの応用
 取引会社の選び方
 FX用語集
 たまご投資日記
 その他

初めての方へ | サイトマップ | 取引会社 | FXの基本 | FXの応用 | FX用語集 
 すべてのコンテンツの画像・文章・デザイン等の無断転載を禁止させていただきます。尚、いかなる不利益が生じた際にも一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身で行ってください。
Copyright - © Hiccky 2006. All Rights Reserved