FXの特徴である、レバレッジ、スワップ、スプレッドの3つについてご説明します。
やさしいFXのはじめ方
〜 基礎からわかる外貨投資 〜
サイトマップ FX会社 FXの基本 FXの応用 投資日記 FX用語集
 初めてお越しの方へ    
トップFXの基本 > FXを学ぶ

FXの特徴

 
 

<外貨商品の革命児!>

 これからご紹介する外国為替証拠金取引(FX)は、外貨商品の中では下の図のようなポジションを取ります。


FXの特徴

 

 …これは一体どういうことなんでしょうか? FXの中に外貨MMFと外貨預金・外国債券がすっぽりハマっていますね。これは、FXが“ハイリスクでもありローリスク”でもある、“ハイリターンでもありローリターン”でもある投資先という意味なんです。 ん〜、これだけの説明では、全く意味が分からないですよね…(汗”)

 

 というわけで解説していきますと、なぜこのような位置づけになるかについては、FXがとても応用のきく取引だからです。リスクをあまり取りたくない方はリスクを抑えた取引が、多少リスクを取ってでも大きなリターンを狙いたい方はそのような取引ができる仕組みになっています。とっても便利ですね♪

 

 では、そのFXの主な特徴を具体的に紹介します。

・投入資金の何倍もの資金を運用して取り引きできる(レバレッジ
・通貨を交換した2国間の金利差にあたる金利を受け取れる(スワップ
・売り値と買い値が違う(スプレッド
・為替による損益が発生する−為替リスク
・取引にかかる手数料が外貨商品の中でもっとも安い
・外貨商品の中で流動性がもっとも高く、取引しやすい


 これまで紹介してきた「外貨預金」と「外貨MMF」は言わば似たものどうしでした。その特徴はほとんど同じで、違いと言えば手数料・流動性の面で「外貨MMF」がやや優れているというくらいでした。

 

 ですが、これからご紹介するFXはこれらの外貨商品とはずいぶん違いがあります。「レバレッジ」や「スワップ」「スプレッド」など、初めて聞くような言葉が続けて出てきましたからね(汗”)。

 

 為替による損得が発生するのは、全ての外貨商品に共通する特徴(為替リスク)ですので省略します。また、手数料や流動性についても「外貨預金」や「外貨MMF」に比べて安いというだけなので、こちらも詳しいところは省略します。

 

 それでは、まずはじめに「レバレッジ」の説明を、次に「スワップ金利」、その次に「スプレッド」の順に説明していきます♪


 ☆FXのポイントは、レバレッジ・スワップ・スプレッドの3つです!



外貨MMFで会社比較へ戻る                レバレッジへ進む→

                                             


 FXの基本
 ・外国為替のしくみを知る
 ・外貨投資への心構え
 ・外貨商品を知る
 ・外貨預金を学ぶ
 ・外貨MMFを学ぶ
 ・FXを学ぶ
 ◆FXの特徴
 ◆FXのレバレッジとは
 ◆FXのスワップ金利とは
 ◆FXのスプレッドとは
 ◆スワップ派の投資スタイル
 ◆為替差益派の投資スタイル
 ◆FXバーチャル取引で練習
 ・外国債券を学ぶ
 ・外貨を実際に買ってみる
 ・外貨を実際に売ってみる
 ・外貨投資にかかる税金
 FXの応用
 取引会社の選び方
 FX用語集
 たまご投資日記
 その他

初めての方へ | サイトマップ | 取引会社 | FXの基本 | FXの応用 | FX用語集 
 すべてのコンテンツの画像・文章・デザイン等の無断転載を禁止させていただきます。尚、いかなる不利益が生じた際にも一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身で行ってください。
Copyright - © Hiccky 2006. All Rights Reserved