FXでも利用できるナンピン買いを紹介しています
やさしいFXのはじめ方
〜 基礎からわかる外貨投資 〜
サイトマップ FX会社 FXの基本 FXの応用 投資日記 FX用語集
 初めてお越しの方へ    
トップFXの応用投資方法を知る > ナンピン買い

ナンピン買い



 「ナンピン買い」とは、持っている通貨の価格が下がったときに、新たにその通貨を買うことです。ナンピン買いをすることで平均購入額を下げることができます。

 

 たとえば、為替レートが1ドル=110円のときにドルを1万円分(91ドル)買ったとします。

ナンピン買い

 そのあと、1ドル=100円に下がったときに新たに1万円分(100ドル)を買ったとします(ナンピン買い)。

ナンピン買い

 

  ここで一度これまでの状況を整理してみましょう。

買ったドル 払った金額
1ドル=110円のとき 91ドル 10,000円
1ドル=100円のとき 100ドル 10,000円
合計 191ドル 20,000円

 

 今、手元には合計で191ドルあります。そして、この191ドルを買うのに使った金額は合計で20,000円です。よって、ドルの平均購入額105円(20,000円÷191ドル)となります。

ナンピン買い

 つまり、「ナンピン買い」をしたことで当初のドルの平均購入額110円を105円まで引き下げたのです。

 ナンピン買いをする前は1ドル=110円まで戻らないと損をしました。ですが、ナンピン買いをした後は1ドル=105円まで戻れば損をしないようになったのです。

ナンピン買い

 

 このように「ナンピン買い」は、平均購入額を下げることができるとても魅力的な投資方法です。しかし、その通貨の価格が今後上がることなく下がり続けていくと、単に損を大きくしてしまうだけです。

ナンピン買い

 ですので、「その通貨の価格が今は下がっているけど将来的に上はがるだろう」と思えるときにだけ、ナンピン買いを利用するようにしてください。

☆ナンピン買いのしすぎはスカンピンのもとになりかねません


投資方法の一覧へ戻る         ドルコスト平均法へ進む→

                                             

 FXの基本
 FXの応用
 ・外国為替の応用編では
 ・各通貨の特徴を知る
 ・チャート・指標を読む
 ・注文方法を知る
 ・投資方法を知る
 ◆投資方法の一覧
 ◆ナンピン買い
 ◆ドル・コスト平均法
 ・外貨以外の金融商品を知る
 取引会社の選び方
 FX用語集
 たまご投資日記
 その他

初めての方へ | サイトマップ | FX会社 | FXの基本 | FXの応用 | FX用語集 |
 すべてのコンテンツの画像・文章・デザイン等の無断転載を禁止させていただきます。尚、いかなる不利益が生じた際にも一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身で行ってください。
Copyright - © Hiccky 2006. All Rights Reserved