トレール注文についてご説明します
やさしいFXのはじめ方
〜 基礎からわかる外貨投資 〜
サイトマップ FX会社 FXの基本 FXの応用 投資日記 FX用語集
 初めてお越しの方へ    
トップFXの応用注文方法を知る > トレール注文

トレール注文


 トレール注文とは、為替レートの変動にともなって事前に設定した値幅を維持するように逆指値価格が推移していく注文方法です。ただし、逆指値注文に対して逆方向に為替レートが動いた場合に限ります
 

 
 

トレール注文

 
 

A たとえば、米ドルを買値(Bid)が1ドル=100円のときに買い、売値(Ask)が98円になったら売る逆指値注文をした上で、トレール注文により値幅(トレール幅)を2円に設定します。

B そうすると、売値が2円上昇した場合、逆指値価格はトレール幅の2円を維持するように98円から100円へ2円上昇します。

 

 このように、トレール注文を利用すれば、利益を最大化していくよう自動的に逆指値価格が変動していきます(※もちろん買ってから値が下がり続ければ、単なる損切りになってしまいます)。のちほど紹介させていただくIFO注文と双璧をなす自動売買システムで、ぜひ使い方を身につけてほしい注文方法です☆


IFO注文へ戻る                 投資方法を知るへ進む→

                                             

 FXの基本
 FXの応用
 ・外国為替の応用編では
 ・各通貨の特徴を知る
 ・チャート・指標を読む
 ・注文方法を知る
 ◆注文方法の一覧
 ◆成行注文
 ◆指値注文
 ◆逆指値注文
 ◆IFD注文
 ◆OCO注文
 ◆IFO注文
 ◆トレール注文
 ・投資方法を知る
 ・外貨以外の金融商品を知る
 取引会社の選び方
 FX用語集
 たまご投資日記
 その他

初めての方へ | サイトマップ | 取引会社 | FXの基本 | FXの応用 | FX用語集 |
 すべてのコンテンツの画像・文章・デザイン等の無断転載を禁止させていただきます。尚、いかなる不利益が生じた際にも一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身で行ってください。
Copyright - © Hiccky 2006. All Rights Reserved<特定商取引法に基づく表記