ポンド(GBP)の特徴をご紹介しています
やさしいFXのはじめ方
〜 基礎からわかる外貨投資 〜
サイトマップ FX会社 FXの基本 FXの応用 投資日記 FX用語集
 初めてお越しの方へ    
トップFXの応用各通貨の特徴を知る > ポンド(GBP)

ポンド(GBP)



ポンドは、金利は高いけど、値動きが予測しづらい通貨

>直近5年の「英ポンド/円」レート推移(Google financeより)
ポンド-円のレート推移

 英ポンド(イギリスポンド−GBP)は世界大戦前まで基軸通貨にもされていたほど力をもっていました。しかし、戦後の不況と米国の爆発的な成長に押され、そのポジションは奪われてしまいました。

 といっても英国経済自体は至って順調に推移しています(参考:世界の名目GDP推移)。一時は「経済が後退してしまうのでは?」と危ぶまれたこともありました。しかし、あえてユーロに参加せずに独自の金融・通貨政策を効果的におこなった結果、経済の後退を防ぐことに成功しました。

 ただ、米国経済やユーロ経済に比べると、英国経済の情報に触れる機会は少なく、為替変動を予測するのが少し難しいかと思われます。

 今後は、英ポンドが「ユーロへ統合されるかされないか」に注目です。統合されるようであれば、「ユーロが基軸通貨となる」というのも少し現実味を帯びてきそうです☆


ユーロ (EUR)へ戻る        オーストラリアドル (AUD)へ進む→

                                             

 FXの基本
 FXの応用
 ・外国為替の応用編では
 ・各通貨の特長を知る
 ◆アメリカドル (USD)
 ◆ユーロ (EUR)
 ◆ポンド (GBP)
 ◆オーストラリアドル (AUD)
 ◆ニュージーランドドル(NZD)
 ◆カナダドル (CAD)
 ◆スイスフラン (CHF)
 ◆南アフリカランド (ZAR)
 ◆人民元 (CNY)
 ◆トルコリラ (TRY)
 ・チャート・指標を読む
 ・注文方法を知る
 ・投資方法を知る
 ・外貨以外の金融商品を知る
 取引会社の選び方
 FX用語集
 たまご投資日記
 その他

初めての方へ | サイトマップ | 取引会社 | FXの基本 | FXの応用 | FX用語集 |
 すべてのコンテンツの画像・文章・デザイン等の無断転載を禁止させていただきます。尚、いかなる不利益が生じた際にも一切の責任を負いませんので、すべてにおける最終判断はご自身で行ってください。
Copyright - © Hiccky 2006. All Rights Reserved<特定商取引法に基づく表記